気持ちがすっきりしないときは睡眠と精神安定を図ります

精神疾患の可能性がある

悩む女性

ホルモンバランスの乱れやストレスも原因

忙しい現代人は、職場や家庭でもストレスを受けている人が多く、趣味や娯楽、外出をしても気分が晴れないこともあります。女性の場合は、男性に比べるとホルモンの影響を受けやすく、自律神経の乱れなどが原因で気分が晴れないこともあります。気分が晴れない時は、無理に外出をする必要はないので、十分な休息や睡眠を取ることが大事です。健康な人の場合は4、5日で回復することがほとんどです。うつ病や不安神経症、双極性障害などの病気に罹っていると、辛い症状が長引くことがあります。意欲や気力の減退、集中力の低下、物忘れ、イライラや不安などを感じる場合は、精神科の病院やクリニックを受診して下さい。完全予約制の病院やクリニックが多いですが、個人クリニックの場合は当日に電話を入れると、診察が受けられることも多いです。辛い症状で悩んでいる人は、問診などでうつチェックが受けられます。気になる症状が2週間以上続いている場合は、カウンセリングなどの精神療法を受けることが大事です。気分が晴れない状態が長く続いており、外出をしたり、電話を掛けたりするのが億劫になっている人もあります。最初から強い薬を処方されることはないので、安心して通院が出来ます。抗うつ剤には即効性はありませんが、3か月ぐらい続けていると、症状が改善することが多いです。

日頃から活発で、活動力のある人も、精神的なストレスや疲労、ホルモンバランス野乱れなどが原因で、気分が晴れないこともあります。40代から、50代ぐらいの男女は、更年期の年代に入るため、更年期障害が原因の可能性があります。生理不順やホットフラッシュ、のぼせなどで悩んでいる人は、専門クリニックを受診してみると良いでしょう。気分が晴れない状態が2週間以上続いており、仕事や家事に支障をきたしている場合は、うつ病や不安神経症、統合失調症などの病気が隠れている可能性があります。うつ病の場合は、統合失調症とは違って、妄想や幻聴などはなく、本人に病識があることがほとんどです。スポーツや趣味を楽しんでも気分が晴れない時は、精神科の病院やクリニックを受診して下さい。現代は優れた医薬品が開発されているので、入院の必要がなく、通院による治療が可能です。出産後の女性や、更年期の年代の人は、洗濯や掃除、調理などの家事が負担になっていることも多いです。同居をしている家族に手伝ってもらったり、家事代行サービスなどを利用したりするのもお勧めです。仕事や家事、育児などで忙しい人は、十分な休息や睡眠が必要です。気分が晴れない時は、脳のセロトニンが不足している状態なので、朝起きた時は電灯を点けたり、雨戸を開けたりするのもお勧めです。

Copyright© 2019 気持ちがすっきりしないときは睡眠と精神安定を図ります All Rights Reserved.