気持ちがすっきりしないときは睡眠と精神安定を図ります

事前に知っておきたいこと

カウンセリングを受ける男性

利用する目的や知っておくとよい情報

気分が晴れないことはだれにでもあります。やはり、毎日上機嫌で暮らすのは難しいのが人間です。感情の起伏があり、ハッピーな出来事もハッピーではない出来事も起こりえるでしょう。しかしながら、気分が晴れない状態が長期的に続いてしまうと病気の可能性が高くなります。例えば、2週間以上毎日気分が晴れない状態が続くとすれば、うつ病の可能性も否定できません。このような場合には、精神科や心療内科を利用することで問題を解決することができる可能性があります。もし、精神科医心療内科を利用する場合には目的を明確にしましょう。何となく医師に任せるのも悪くありませんが、絶対に自分で治すという強い信念のもとに治療に取り組むことが重要になります。なぜかといえば、うつ病は自分の心が引き起こしているからです。この場合には、自分で治すという気持ちがなければなかなか治すことができません。よく、医者に行けば治ると考えている人がいいますが必ずしもそうとは限らないでしょう。あくまで病院で役割は、補助的な役割と考えておいた方がよいです。ただその一方で、医者の言うこともちゃんと聞くようにしましょう。薬の飲むタイミングや「次にいつ来て下さい」と言われた場合にそれを正しく守ることが必要になるでしょう。

気分が晴れない場合に理解しておきたい情報の一つは、会社に行けなくなっているレベルに達した場合です。働いている人限定な話ですが、会社に行けなくなるほど気分が晴れない状態になっている場合には確実にうつ病になっていると考えてよいです。この場合、精神科や心療内科に通うことは当然としても、生活をどのようにしていくのかが問題になります。基本的に、取りうる手段は二つあり会社員の場合には障害年金や傷病手当金をもらうことが可能になります。このうち比較的簡単に手に入るのは傷病手当金のほうです。傷病手当金は、会社に申請することでもらうことができます。ただ、1日か2日程度休んだだけでは意味がありません。1週間以上休み続けている場合やそれ以上長く休んでいる場合にもらうことが可能になります。傷病手当金の問題点は、半永久的にもらうことができるわけではない点です。継続的に1年半の間治療の2/3ほどのお金を毎月もらうことができる点はありがたいですが、それ以上の期間が経過してしまうといよいよもらうことができなくなってしまうため、注意しなければいけません。もし、その間になおるようならば問題ありませんが、治らないようならば障害年金の申請を行う準備をしておいた方がよいです。

Copyright© 2019 気持ちがすっきりしないときは睡眠と精神安定を図ります All Rights Reserved.