気持ちがすっきりしないときは睡眠と精神安定を図ります

気持ちが優れないとき

悩む女性

気持ちをすっきりさせる方法をしりましょう

気分が晴れないと、まず体の状態が変化してきます。なんとなくだるかったり、疲れやすかったり、ねむけがおそってきたりという状態が続きます。夜は寝付けなってきます。朝は起きられない状態となります。感覚が敏感になってきます。気分が晴れない様子が続くと、いらいらしてきます。また、悲しい気持ちになることもあるでしょう。このような症状の原因はいくつかあります。一つ目は、睡眠不足です。寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めて二度寝できなくなったりします。二つ目はストレスです。ストレスの要因は、仕事や学校の心配事が原因だけではありません。喜ばしいことでも急な環境の変化があればストレスとなります。これらの対策としては、悪い睡眠習慣を改めることです。寝る時間をいつもより長く確保することです。そのためには、就寝の2、3時間前までには食事をとり温めのお湯につかりアロマの香りでリラックスすることです。パソコン等の光を浴びることも控えたいところです。次の方策は、体を温めることです。お風呂で外から温めるほかに、鍋やホットドリンクで中からも温めます。さらに、掃除や整理整頓をすることも効果的です。場所を決めて、少しおっくうでも掃除等をすることで、気持ちがすっきりします。

気分が晴れないときの特徴は、睡眠障害とストレスです。ストレス解消には、日常から離れてドライブなどで出かけることです。本や映画なども現実から逃避させてくれます。創作をすることも効果的です。飾り物を季節に合わせて作り、部屋に飾ることができます。これまでの取り組みで改善しないストレスには、心療内科の手をかりることも必要かもしれません。気分転換もできず、気持ちが落ち込んでいきそうであれば、専門医を頼るよりありません。気分が晴れない原因が鬱病と診断されれば、その特徴を本人も周囲も理解しなければなりません。睡眠症やストレスの他にも食欲がなかったり、物事に意欲関心がなくなってしまったりするなどの症状があります。鬱病になる原因としては、神経の伝達物質が影響してきます。モノアミン類と言われる物質が低くなるからです。神経は、神経同士のつながるところで信号の授受をしています。この伝達物質には、抑制のセロトニンと興奮のノルアドレナリン・ドパミン等があります。このような物質の減少が鬱病の原因に関係していると考えられています。心理的療法やカウンセリング、服薬等の手段があります。周りの人たちは、その人の症状をその人のくせと考えて、責めたり励ましすぎたりせず、おおらかに対応することが一番大事です。精神科医や心療内科医の指示を聞くことが大事です。

精神疾患の可能性がある

悩む女性 気分が晴れない状態が長く続いている時は、更年期障害やうつ病、不安神経症などに罹っている可能性があります。専門クリニックや精神科の病院を受診して、問診などのカウンセリングを受けて下さい。十分な睡眠や休息が必要です。

詳しく見る

事前に知っておきたいこと

カウンセリングを受ける男性 気分が晴れない状態が長期的に続けば、うつ病の可能性があります。このような場合には、病院に行き医者に診てもらう必要があります。このとき通う目的をしっかりと考えておきましょう。会社を休むレベルになれば、傷病手当金などをもらった方がよいです。

詳しく見る

専門科への相談方法

悩む男性 気分が晴れないからといってそれが心の病気というわけではありません。素人では判断できないので、気になる人は心療内科や精神科で相談してみましょう。信頼できるところにカウンセリングの予約を入れるところから始めましょう。

詳しく見る

早めに対処する

ハートと聴診器 大好きな趣味の活動をしていても、気分が晴れないというときは、心に病を抱えてしまっている可能性があります。信頼できる心療内科等に通院したり、電話相談などを活用して心に溜まっているストレスをスッキリとさせることが大切です。

詳しく見る

Copyright© 2019 気持ちがすっきりしないときは睡眠と精神安定を図ります All Rights Reserved.